マリンエンジンはお任せください!

 オクベマリンにはマリンエンジンのスペシャリストとして30年以上の実績があります。

ガソリンエンジンはもちろんですが、最も得意とするところはマリン用ディーゼルエンジンです。

 海難事故の4割は機関の整備不良です。まったく動かなくなってから慌てて修理をするのではなく、平素より定期的な点検を行うこと、少しでも異常を感じたらその段階で整備を行うことが安心と安全につながります。

 ヤンマーやVOLVO PENTA(ボルボペンタ)、MERCURY(マーキュリー)はもちろん、NANNI(ナンニ)、BUKH(ブック)、UNIVERSAL(ユニバーサル)など輸入艇に搭載されているレアなOEMエンジン、リビルトなどの修理にも対応が可能です。もちろん、発電機の修理もやっております。 

 

←オーバーホール中のヤンマーYS-8です。このエンジンは部品も入手しにくくなっています。

 オクベマリンではこのような古いエンジンの修理のために中古部品のストックや他のエンジンとの共通パーツをデータ化しておりますが、早めの修理、整備をお勧めします。

 


新品へのエンジンの換装もぜひご相談ください!!